メール占いの書き方

メール占い口コミ比較サイト≪2018年おすすめ人気ランキング≫

メール占い口コミ比較

メール占いの書き方

本格的な占いをお願いしたいけれど、直接占い師の元を訪れるのは勇気がいるし時間もない、そんな方に人気なのがメール占いですね。同様に直接出向くことなく鑑定してもらえるものに電話占いがありますが、電話だと話しを上手くまとめる自信がない方にも利用しやすいということで注目されています。

 

そんなメール占いですがいざ鑑定をお願いしようと思った際、メールにどのようなことを書けばよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。文章が苦手だからと尻込みしてしまうこともあるかもしれません。

 

まずメール占いは大抵の場合文字数に制限があることが多くなっています。そのため限られた文字数で要点をまとめる必要があります。

 

また、重要な部分がぼかされてしまっていては占い師もしっかり鑑定することが出来ませんから、まず何を知りたいかを明確に記載することが大切です。恋愛関連の相談ならば相手の気持ちが知りたいのか、今後どのような行動を取るべきなのかといった具体的に知りたいことを記載しましょう。

 

鑑定の判断材料をなるべく多く提供することも必要です。例えば恋愛相談の場合は相手の名前や生年月日、ふたりの馴れ初めなどなるべく細かく書くことで、より正確な鑑定結果を導き出すことが可能となります。

 

もし上手く纏められないといった場合には、箇条書きなどを用いて記載するのも有効です。箇条書きのほうが長々と記載するよりも端的かつ正確にまとめることが出来る場合がありますし、自分の中でも情報を整理しやすくなります。まずは箇条書きで現在の状況、知りたいことなどを纏め、それから文章に構成し直すのも良いかもしれません。一件のメールにつきひとつの悩み事としているメール占いも多いため、あれやこれやと詰め込まないように注意しましょう。

 

メール占いは名称の通り鑑定の判断材料となるものがメールしかありません。そのため嘘などを書かないよう、自分の気持ちや悩みを正直に書くことが大切です。自分のことを記載するのは恥ずかしいと思うこともあるかもしれませんが、占いの精度を上げるには必要不可欠なことなので、本当に知りたいことがあるのならば恥ずかしがらずに伝えるようにしましょう。

 

メール占いは対面して占ってもらうものや電話占いと異なり、鑑定結果を知るには最長で一週間ほど待つ場合があります。なかなか結果が届かないと焦ってしまうこともあるかもしれませんが、気持ちを落ち着けて待ち、それでも来ない場合には問い合わせるなど余裕を持った状態で利用したいものですね。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめ人気占い
占いコンテンツ
おすすめ占い一覧